世界にひとつだけのオリジナルに
〜セミオーダー編〜

ブライダルリング、

それはふたりを結ぶ特別な宝物。

お互いに愛を誓い、交わし合う

とても意味深いものです。

 

数限りなくあるデザインを見ていくと、

シンプルなものもあれば

華やかなものもあり、

それぞれに個性があることが分かります。

選択肢が多いが故に、

色々見ていく中で

全部が同じに見えてきて

中々「これ!」と思えるリングに

辿り着けず悩んでしまうことも…。

 

そこで今回は、

そんなお悩みを解消するべく

セミオーダーについてまとめていきます!

 

何かひとつ〝こだわり〟を加えることで

とても簡単に世界にひとつだけの

オリジナルリングが出来ますよ♪

 

 

Case1:素材をアレンジ

一般的に、

ブライダルリングというと

イメージされやすいのが、

白く輝くプラチナです。

 

もちろん素材もプラチナだけではなく、

ピンクゴールドイエローゴールドなど

を取り扱っているお店が多くあります。

どの素材を使うかによって

リング自体の色味が変わるので、

ぱっと見た時の印象も

素材の種類によって変わります。

 

どんな素材が似合うのかも

人それぞれで違うので、

実際に着け比べてみると

イメージしていたものとは違う

新しい発見があるかもしれません。

お互いにしっくりくるものを

探して見てみるというのも

とても大切なポイントですよ!

 

例えば、

デザインはお揃いにして、

アレンジでリングの素材を

それぞれの好みのものに変える

というのも、とっても簡単に出来る

セミオーダーの1つなんです♪

 

 

Case2:幅をアレンジ

みんな好みが異なるように、

実は手や指の形も人それぞれ

違っているんです。

 

 「デザインは可愛いと思うけど、

     少し太いような気がする」

 「このままよりは、もう少し

     幅広の方が好きだな」

など、着けてみることで

初めて気になってくるのが、

リングの幅についてです。

 

あまり細過ぎると、

ずっと使っていく上で

リングの強度が心配になったり、

逆に太過ぎると指とのバランスが

悪く見えてしまったり…。

 

「ちょうど良いかな」

と思えるところは、意外と自分では

判断しづらかったりもするので、

ぜひ気軽に店員さんに

尋ねてみてください。

客観的にリングと指のバランスを見て、

的確なアドバイスをしてくれますよ。

 

この幅を細くしたり太くしたりする

というのも、セミオーダーの方法として

オススメです!

例えばふたりでリングの幅を

お揃いにしても素敵ですよ♪

 

 

Case3:ダイヤモンドをアレンジ

店頭に並んでいるリング見本の多くが

ホワイトダイヤモンドを

使用したものですが、

実はこのダイヤモンドの数や色なども

アレンジで変えることが出来ます。

 

「見本のままだとキラキラが強いかな」

と感じる時は、ダイヤモンドの数を

少し減らして作ったり、

「ピンクが好きだから1石ピンクにしたい」

と思うのであれば、ダイヤモンドの色を

ホワイトからピンクに変えてみたり…。

 

そういったダイヤモンドの数や色を

お好みに変えていくということも、

セミオーダーで叶えることが出来る

オリジナリティになります♪

 

 

Case4:内側をアレンジ

リングの内側には、

ふたりの大切な記念日や名前などを

刻印してくれるお店もあります。

 

せっかくなら、

ふたりにしか分からない内側に

大切な想いを込めてみるというのも

とてもロマンチックですよね!

デザインは気に入ったものにして、

内側にこだわるというのも、

セミオーダーで人気ですよ。

 

ふたりにちなんだものや、

特別な想い出を内側に刻むことで、

年月を経てリングを着ける時も外す時も

どこか懐かしく温かい気持ちになります♪

 

 

ここまで、セミオーダーについて

まとめてきましたが、

いかがでしたでしょうか?

 

セミオーダーをすることで、

たった一工夫で他とは違う

オリジナルリングに仕上がるので、

理想にぐっと近づける方法として、

参考にしてもらえたら良いかもしれません。

 

これからたくさんの時間を

共にしていくブライダルリング。

込めたい想いも十人十色、

それぞれで違っているはずなので、

せっかくなら何かひとつ

おふたりならではのアレンジを

加えてみるのも素敵です。

そうすることでより愛着も湧き、

きっと着ける楽しみが増していきますよ♪